So-net無料ブログ作成

【優勝予想】選抜高校野球2014 注目選手と優勝候補とは? [スポーツ]

スポンサーリンク






どうもshowtaです。


2014年、ついに今年も春の選抜高校野球が始まりましたね!!
僕は毎年、甲子園が始まるとついつい優勝予想をしちゃいます笑っ

7.jpg

そんな訳で、優勝候補とされる高校を考えてみたいと思います。

優勝候補を考えるには
実績」と「経験」と「傾向」が重要になってきます。

「実績」・・・各地区の秋季大会や明治神宮大会での戦績。
「経験」・・・甲子園での試合運びや独特の緊張感に打ち勝ち、試合運びが有利にするもの
「傾向」・・・昔から高校野球にある「春は投手力、夏は総合力」という格言

夏の高校野球というのは、3学年が揃っていて
打撃力、守備力、投手力の「総合力」が必要になってきますが

春の高校野球というのは、
チームが世代交代したばかりで経験不足は否めないので、
必然的に好投手がいる高校が有利となってきます。

さらに、春の高校野球では、選抜大会の日程も夏より過酷ではないので、
投手が良いコンディションで試合に望むことができるという点が
「春は投手力」と言われる訳です。


以上を踏まえて2014年選抜高校野球 優勝予想です!!

やはり色々悩みましたが、個人的に見て

沖縄尚学(沖縄県)
日本文理(新潟県)

三重(三重県)
あたりではないかと思います。


沖縄尚学は沖縄大会準優勝、九州大会優勝、明治神宮大会優勝
という先ほど紹介した「実績」を持っています。

同様に日本文理も新潟県大会優勝、北信越大会優勝、明治神宮大会準優勝の「実績」を持っています。

三重も三重県大会優勝、東海大会優勝の実績があります

なんだよ優勝の実績を見て予想するだけなら誰でもできるじゃん~
と思われる方もいると思いますが実績というのは事実なので多めにみて下さい・・・


そして次に「経験」という点から考えると、

横浜(神奈川県)

八戸学院光星(青森県)
龍谷大平安(京都府)
の3校ではないかと思います。

特に横浜は強豪で甲子園常連校という事もありますが

エースの伊藤将司
主砲の高濱祐仁など昨夏の主力級選手が残っていて、エースと4番という
野球の軸がしっかりしているのが強みです。



そして最後に「投手力」という「傾向」で考えてみると
大会屈指の好投手を要している高校は、

佐野日大(栃木県)
明徳義塾(高知県)

広島新庄(広島県)

あたりではないでしょうか。

佐野日大のエース田嶋大樹は関東大会で東海大甲府と先ほど紹介した
強豪の横浜からそれぞれ11個の三振を奪うなど、
プロ注目の投手として名前が挙がっています。

明徳義塾のエース岸潤一郎は1年夏にベスト4、2年夏はベスト8という「実績」を作った投手です。


初出場の広島新庄のエースの山岡就也は、
巨人入りした前年のエースに匹敵するとの呼び声も高い投手です。



また「注目校」として挙げられるのは、

21世紀枠の2校

小山台(東京都)大島(鹿児島県)です。

こちらは、小山台が都立初の甲子園、大島は奄美群島初の甲子園となっています。
個人的に小山台は思い入れがあるので、特に頑張って欲しいですね。


なにはともあれ
甲子園はみんなが一生懸命プレーしているし
だからこそ、思いもよらないドラマが生まれるので
今年も各試合どんなドラマを見せてくれるのか目が離せません!!g


スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。

So-net無料ブログ作成

【優勝予想】選抜高校野球2014 注目選手と優勝候補とは? [スポーツ]

スポンサーリンク






どうもshowtaです。


2014年、ついに今年も春の選抜高校野球が始まりましたね!!
僕は毎年、甲子園が始まるとついつい優勝予想をしちゃいます笑っ

7.jpg

そんな訳で、優勝候補とされる高校を考えてみたいと思います。

優勝候補を考えるには
実績」と「経験」と「傾向」が重要になってきます。

「実績」・・・各地区の秋季大会や明治神宮大会での戦績。
「経験」・・・甲子園での試合運びや独特の緊張感に打ち勝ち、試合運びが有利にするもの
「傾向」・・・昔から高校野球にある「春は投手力、夏は総合力」という格言

夏の高校野球というのは、3学年が揃っていて
打撃力、守備力、投手力の「総合力」が必要になってきますが

春の高校野球というのは、
チームが世代交代したばかりで経験不足は否めないので、
必然的に好投手がいる高校が有利となってきます。

さらに、春の高校野球では、選抜大会の日程も夏より過酷ではないので、
投手が良いコンディションで試合に望むことができるという点が
「春は投手力」と言われる訳です。


以上を踏まえて2014年選抜高校野球 優勝予想です!!

やはり色々悩みましたが、個人的に見て

沖縄尚学(沖縄県)
日本文理(新潟県)

三重(三重県)
あたりではないかと思います。


沖縄尚学は沖縄大会準優勝、九州大会優勝、明治神宮大会優勝
という先ほど紹介した「実績」を持っています。

同様に日本文理も新潟県大会優勝、北信越大会優勝、明治神宮大会準優勝の「実績」を持っています。

三重も三重県大会優勝、東海大会優勝の実績があります

なんだよ優勝の実績を見て予想するだけなら誰でもできるじゃん~
と思われる方もいると思いますが実績というのは事実なので多めにみて下さい・・・


そして次に「経験」という点から考えると、

横浜(神奈川県)

八戸学院光星(青森県)
龍谷大平安(京都府)
の3校ではないかと思います。

特に横浜は強豪で甲子園常連校という事もありますが

エースの伊藤将司
主砲の高濱祐仁など昨夏の主力級選手が残っていて、エースと4番という
野球の軸がしっかりしているのが強みです。



そして最後に「投手力」という「傾向」で考えてみると
大会屈指の好投手を要している高校は、

佐野日大(栃木県)
明徳義塾(高知県)

広島新庄(広島県)

あたりではないでしょうか。

佐野日大のエース田嶋大樹は関東大会で東海大甲府と先ほど紹介した
強豪の横浜からそれぞれ11個の三振を奪うなど、
プロ注目の投手として名前が挙がっています。

明徳義塾のエース岸潤一郎は1年夏にベスト4、2年夏はベスト8という「実績」を作った投手です。


初出場の広島新庄のエースの山岡就也は、
巨人入りした前年のエースに匹敵するとの呼び声も高い投手です。



また「注目校」として挙げられるのは、

21世紀枠の2校

小山台(東京都)大島(鹿児島県)です。

こちらは、小山台が都立初の甲子園、大島は奄美群島初の甲子園となっています。
個人的に小山台は思い入れがあるので、特に頑張って欲しいですね。


なにはともあれ
甲子園はみんなが一生懸命プレーしているし
だからこそ、思いもよらないドラマが生まれるので
今年も各試合どんなドラマを見せてくれるのか目が離せません!!g


スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。